ホーム外貨両替機 / 外貨決済・両替支援 > 外貨両替機のご紹介
外貨両替機 / 外貨決済・両替支援
外貨両替機のご紹介
外貨両替機
外貨両替機3つのメリット

① 新規事業

外貨両替業務による手数料収益が見込めます。

 

② 外国人ユーザーの開拓

訪日外国人の集客ツールとしてご利用いただけます。

 

③ 省力化

外貨両替トータルサービスをご利用いただくと、
フルオペレーション委託が可能となります。

 

自動外貨両替機の技術・開発

外貨両替業務に必要な外貨両替機、現金輸送、レート設定、監視・障害対応、レポート作成 等をパッケージにして、
トータルサービスとしてご提供することが可能となりました。これにより、業務不可の低減を実現し、手軽に外貨両替業務を導入していただくことができます。

金融期間の窓口だけでなく、駅、宿泊施設、商業施設、観光地などへの設置の拡充により、訪日外国人旅行者の利便性の向上を目指してまいります。

 

 

商品化の背景と狙い

訪日外国人旅行者数は、2013年にはじめて1,000万人を超えて、昨年度には1,341万人に達しました。政府も2020年に2,000万人、2030年に3,000万人の目標達成を掲げており、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを控えて、訪日外国人旅行者数がますます増加することが見込まれております。

訪日外国人旅行者が増加する一方で、日本の受け入れ環境に関する官公庁の調査によると、旅行中に困ったこととして「外貨両替・クレジットカードを利用できる場所の少なさ」という回答が多く寄せられております。

弊社は、外貨両替のインフラ整備により、このような外貨両替の不便さの解消や機能を充実させることが社会貢献になると考え、対応する製品の開発に取り組んでまいりました。

 

世界に認められた識別・鑑別技術を応用

日本金銭機械(株)は、1955年の設立以来、金銭処理に関わる製品の開発、製造及び販売を行ってまいりました。世界に認められた識別・鑑別技術を応用し、約140ヶ国の紙幣に対応が可能であります。貨幣流通のスペシャリストとして世界基準で培ってきた確かな信頼と実績を活かし、カジノなどの海外のゲーミング市場や、国内外のATM、券売機、精算機、自動販売機、キオスク端末機、金融、流通、交通市場をはじめとした幅広い市場で製品展開を行っております。

世界中には多種多様な紙幣が存在しますが、このたび開発しました自動外貨両替機『CE-i6』は、弊社グループが世界市場で培ってきた高度な識別、鑑別技術を活かして、13種類の外貨の設定が可能であり、硬貨も1円、10円、100円、500円の4金種の払出しが可能であります。

 

 

製品の特長

商品化の背景と狙い

・外貨から円貨、円貨から外貨の双方向両替に対応しております。
・標準13ヶ国の海外通貨に対応し、最大64ヶ国(オプション)の自動識別ができます。
・対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語の4ヶ国語となります。
・銀行キャッシュカード、クレジットカードは、ご利用出来ません。

 

商品化の背景と狙い

・予めご指定いただいた手数料率に基づき、オンラインで両替レートを自動設定できます。
・実績データの自動配信により、運営状況がスムーズに把握できます。
・施主様のニーズに合わせて、各種の集計レポートをご提供いたします。
・内部残高の遠隔監視により、両替金不足等にも迅速に対応可能です。
※これらは、外貨両替トータルサービスの利用を前提としております。

 

商品化の背景と狙い

・ATM相当の貨幣識別と盗難防止機能(レベル3:オプション)を有しております。
・日通の現金警備輸送との提携により、スタッフによる現金処理を回避できます。
・障害監視にオプション対応しており、24時間365日装置を監視しており、
障害発生の際にもコールセンターにて対応。無人店舗運用も実現できます。

 

 

ご利用の流れ

外貨両替機 利用図

 

資料請求のお問合わせ

 

ページTOPへ